3軸・6項目・18要素で​、解析業務の効率化を始める。

サブ      ロク             ジュウハチ

​解析業務効率化ソリューション

ANSYS EKM

​CAE効率運用のためのお役立ち資料 無料ダウンロード

「たまっていく解析データ、いったいどうすればいいの?」

「CAEを最大限効率的に活用するために、何をしたらいいんだろう?」

そんなお悩みをお持ちの方に、ぜひご一読いただきたい資料をご用意いたしました。

解析は本質的に“手戻り”が多い作業です。

それは、解析が思考を検証するプロセスだからです。

手戻りが多い作業だからこそ、効率化する余地が多く残っています。


解析データには、CADデータと比べものにならないほど多くの情報が含まれています。

形状、材料、設置条件、載荷条件、安全率…製品情報のほとんどが含まれていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、データ管理に目を向けてみてください。

CADデータはPDMでしっかりと管理されている一方で、解析データは外付けのハードディスク・ドライブやサーバーの片隅に無造作に保存されているのが現状です。


サイバネットシステムは解析に長年携わってきた経験から、解析業務を効率化するために、解析業務を3軸・6項目・18要素の視点から見直しました。


解析データをより価値あるものにするために、ぜひ自社の、そしてあなたの解析データに対する視点をチェックしてみてください。

CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.