ANSYS EKMとは

CAEが有効利用されるようになると、利用者が増え、解析関連データが爆発的に増加します。
また、解析対象が増えることで使用するソルバーも増え、それに伴う解析ワークフローも複雑化します。
解析データや解析プロセスは、それ自体が重要なエンジニアリングノウハウを含んでおり、これらを適切に共有することが効率的にCAEを活用、拡張していくための課題となります。
これらの課題のソリューションのひとつとして、SPDMというコンセプトがあります。SPDMとは、Simulation Process & Data Managementで、シミュレーションのプロセスとデータを管理することです。
シミュレーションのリーディング・カンパニーとして、ANSYS社はこの課題に挑戦しました。その答えがEKMです。EKMとは、Engineering Knowledge Manager。つまり、エンジニアリングの知識や知見を管理するシステムです。
ANSYS EKMは、標準パッケージでのご利用から、お客様の環境に適用するようにご要望を組み込んだシステムでのご利用まで、幅広い規模でご利用いただけるSPDMフレームワークです。

EKMは解析に関するデータを管理することができます。

レポートの自動作成
EKMは、登録された解析データからレポートを自動的に作成します。レポートは解析データのインデックスとして利用することができます。解析データから抽出するレポート内容や項目はカスタマイズによって自由に設定することができます。複数の解析データの比較をレポート化することもできます。

データの関連性の可視化
解析にどの材料データが使われているか、どのCADモデルをベースにしているかなどのデータの依存関係を表示することができます。

管理できるデータ

EKMは以下の解析アプリケーションのデータを自動認識します。

  • ANSYS

  • ANSYS Workbench

  • Fluent

  • CFX

  • Abaqus

  • Nastran

  • Ansoft

     など…

解析データだけではなく、CADモデル、Word Excel PowerPoint、PDF、画像ファイルなども管理することができます。

変更履歴の管理とロールバック

EKMは、データの変更履歴を管理できます。データの変更部分だけが保存され、過去のデータに戻ることができます。またデータにアクセスしている間は他のユーザーがアクセスや変更ができないように排他制御することができます。

データの検索

解析データには検索対象となる項目が多数あります。製品名、図版、3次元CADモデル、解析のタイプ、節点数や要素数、解析した人、解析に使用したソフトウェアとそのバージョン、解析した日などキーワードは多種多様です。EKMは、指定した文字が含まれるデータを検索できます。さらにファイル名、フォルダ名、データ登録時に自動抽出される情報からも検索が可能です。AND検索にも対応しています。
登録したデータには、サムネイル画像を貼り付けることが可能で、視覚的にデータを把握できます。

アクセス管理

ユーザーごとの解析データへのアクセス管理ができます。またユーザーのグループ作成が可能なため、ワークグループ、プロジェクト単位などでユーザーを管理することができます。
各ユーザーの、アクセス時間、データ容量など使用状況を確認することができます。

データの登録とインデックス化
EKMは、解析関連のデータを一元管理できます。アプリケーションサーバー、データベースサーバー、ファイルサーバーの3役を兼ねることによって、解析データの共有、作業管理が効率化できます。
EKMはWebブラウザベースです。クライアントのPCには特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。データの登録はブラウザにドラック&ドロップするだけ。またWindowsエクスプローラーのメニューやANSYS Workbenchからデータのアップロードやダウンロードができます。
EKMが自動的にデータを識別して、検索の対象となるデータの作成日、作成者、解析タイプなどのメタデータを抽出します。抽出する項目は、運用状況に応じてカスタマイズすることができます。

EKMは解析のプロセスを管理することができます。

例えば、熱応力解析を考えてみましょう。温度分布解析の出力として得られた温度は、熱応力解析の荷重となります。このように解析が連携することによって、解析データの管理は煩雑になります。
EKMは解析作業の工程をフローチャートで表示して、解析プロセスを可視化し管理することができます。このワークフローには解析ジョブの投入や解析の承認タスクを組み込むことができます。解析作業の進捗状況、作業履歴や担当者の確認もできます。解析終了時のメールによる自動通知など、ワークフローからメール機能を利用した情報のやりとりが可能です。
設計者が行なう解析は、複雑で難しいものになりつつあります。接触やアセンブリを含む解析や構造と流体の連成解析など、設計者にとっては難しい解析でも設計のために必要であれば行なわざるを得ません。このような場合、EKMのワークフローの構築と運用が役立ちます。
EKMのワークフローを利用すれば、定型的な解析をテンプレート化することができます。設計者が複雑なプロセスの解析を一定の品質で行なうことができます。ワークフローで解析の実行からデータや解析の保存までコントロールできるので、蓄積するデータも均一化できます。

EKMは解析ジョブを管理できます。

EKMは解析業務のベース基地となるポータル・サイトでもあります。

簡単な操作で解析のジョブを計算サーバーに投入することができます。アップロードしたファイルから直接、バッチ型や対話型で解析の実行を指示できます。さらに投入した計算ジョブはリモートで制御できます。計算リソースの管理として、収束グラフのモニター、解析の実行状況の確認、ジョブのキャンセル、ジョブの削除などを集中管理できます。解析データの自動回収、自動削除にも対応しています。解析のログ・データとして、解析に要した時間や使用した待ち行列(キュー)を表示できます。

CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.